女性起業家のための
週4ワークスタイル
人生の質を高める働きかた
集まる集客の方法

起業家のブログ・メルマガ アクセス数より大事なこと

ブログのアクセス数を上げたい。ブログのアクセスが伸びない。ブログをやっていれば誰でも思うことです。

ですが、事実、アクセス数が1000、2000、5000件あっても、お客様のお申し込みが全くない方もいれば、アクセス数が100、200件でも、月商100万円を超えている人はいます(これまで私にご相談にいらしたお客様の実際のお話)。

これはどういうことなんでしょう?

アクセス数が高いのにお申し込みがないワケ・記事編

アクセス数が高いと一見とてもうまくいっていそうに見えますが、中にはそうではない人もいます。そのワケは・・・。

そもそも読まれていない

アクセス数は、基本的にはSEO対策やキーワードを意識して記事を書くことでアップさせることはできます。

そうではなく、アメキン的なものや意図的に順位を上げるなどでツールを使って数だけ伸ばしている場合、やり方にもよりますが、あなたのサイトに関心があってきている方ではない可能性があります。どんなに数が増えても、そもそも関心がない人なら、サイトの記事は読みませんよね。よってお客様にもなりません。

記事の内容が薄い

いろいろ書いたらそれで満足して、サービスや商品を申し込むことがなくなることが心配と、薄っぺら〜い上っ面をなでたようなことしか書かない方がいます(実際に、もっとお客様が知りたいと思っていることを丁寧に書かないと、あなたに知識やスキルがあることもわからないし、信頼していただけない旨お伝えしたものの、やっぱりイヤだと出し惜しみしまくって、結局全くお申し込みがこなかった方もいました・・・)。

書いたことを読んだだけで、お客様の悩みや課題は解決しますか?願望は叶いますか?無理ですよねえ。なので、その先のサービスがあるわけで。

ブログは、お客様に喜んでもらえる記事を書くものです。そうすることで、あなたがどんなことができる人で、どんな価値観を持っているかが伝わり、あー、この人は自分のためになってくれそうだと思えば関心を持ってもらえて、信頼してもらうことができます。

お客様でも知っていそうなことや、誰でも言っていそうなことを、ちょろっと書いても、信頼されないのです。

共感できない

お客様は自分のことをわかって欲しいと思っています。そして関心があるのは「自分の変化」です。

ブログを読んでいてお客様が、「そうそう、この人私のこと、よくわかってるー」「そうそう、私はこうなりたいのよー」という気持ちになれれば、その先へ進んでくれる可能性大です。

ですが、「言っていることはわかるけど・・・」とか「それはそのとおりだけど・・・」とか「え?私のせい?(よくありませんか?今起きていることは、全てあなたが選んだ結果、とか、実際にそうなのでしょうが、その知識がない方(=読者さん)に、そのまま言ってしまうと責められているようにとれるものです)」となってしまうと、お客様の共感を導くことはできません。となれば、お申し込みは至らないですよね。

 

アクセス数が高いのにお申し込みがないワケ・導線編

ブログは待ちのメディアです。読むかどうかはお客様任せ。何かの募集をかけても、気付いた時には、もう直近!なんてこともあります。

一方で、メルマガやLINE などは、こちらから送れるPUSH型のメディアです。このこちらから送れる連絡先のリストを、見込み客リストといいます。

ブログの役割は、この見込み客リストを集めること。無料メール講座(ステップメール)や無料冊子等に登録いただくことなのです。

うまくいっている方はこの導線ができています。無料メール講座(ステップメール)や無料冊子等は一番人の視線がいくところにおき、その他記事下にバナーなどを置いて目立たせています。

ブログー>見込み客リスト獲得ー>体験サービス等のフロントエンド商品ー>バックエンド商品という、お客様がちょっとずつ安心してきてもらえる導線ができているのです。

まとめ

いかがですか?

アクセス数が高いのはとても素晴らしいことです。アクセス数が高ければ、広告代をかけなくても、見込み客を獲得することができるから。

ただ、アクセス数が高くても、見込み客が読みたくなる記事ではなかったり、見込み客を集める導線がなかったり、バックエンドにつなげる道筋ができていなければ、お申し込みにはつながらないということなんです。ましてツールでアクセス数や順位をかさ増ししても、売り上げにはつながらないのです。

逆に、

・読みたくなる記事がアップされていて、

・見込み客にとって魅力的な無料オファー(無料メール講座や冊子)があり、

・そこへの登録へ導く導線ができていて、

・さらにフロント商品ー>魅力的なバックエンド商品への流れ

も、できていれば、アクセス数が少なくても、濃いお客様が集まっているので、ビジネスはうまくいきやすい、ということでした。がんばっていきましょー。

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト詳しくはこちら