女性起業家のための
週4ワークスタイル
人生の質を高める働きかた
ブログ・メルマガ・告知文の書き方

FBは書けるけどブログは苦手という方へ

「FBならどんどん投稿できちゃう。だけど、ブログとなると急に手が止まって書けない」そんな方も多いですね。

どちらもSNSではあるけど、大きな違いは、FBはタイムラインで流れてしまうのに対して、ブログはずっと残るということ。この先、ビジネスを安定して続けて行きたいと思うのであれば、検索してあなたを見つけてもらえる可能性が断然高くなるブログは上手に活用したいものです。

この記事では、FBは書けてもブログが書けない人が、ブログの苦手意識を無くすコツに他、FBとブログの上手な連携についてもお伝えします。

FBが書きやすい理由を振り返ってみる

「FBは書けるけどブログは書けない」という方とは逆に、「ブログは書けるけどFBは面倒・苦手」という方もたくさんいます。誰でもFBが得意というわけではないのです。

なので、FBなら書ける方は、まず自分がなぜFBだと書けるのかを振り返ってみるといいですね。

たとえば、こんなことがあるでしょうか?

・短くていいから

・画像を載せられるから

・スマホで気軽にアップできるから

・なんだかんだいって自分が出るのが好き

・すぐに反応があるから

・お客様の悩み、とか考えないで書いていいから

FBで得意なことをブログに活かしてみる

アクセスが集まりやすい、読まれるブログの書き方というのはありますが、いきなりそこを意識しないで、まずはFBで得意なことを、ブログに活かすことを考えてみましょう。

先ほど例にあげたことをみていくと・・・

FBは短くていいから

では、ブログもまず短い文章から始めてみましょう。ただその際、FBではお友達を意識して書いているなら、ブログはお客様を一旦頭に浮かべてから書く、それだけやってみてください。

画像を載せられるから

次に画像を載せるのが楽しい方なら、ブログも同じ画像をどんどん載せましょう。きっとあなたらしさが伝わるはずです。FBだとタイムラインで流れてしまいますが、ブログならそれが残りますので、後から見ても、あなたの世界観が伝わってきて、あなた自身も楽しいはず。

スマホで気軽にアップできるから

ブログもスマホのアプリであげられるものがあります。そうしたアプリを活用して、スマホであげてみる習慣をつけるといいですね。

サロンをやっている方なら、お客様の予約の合間に、スマホで

・今日はどんな方(症状やお仕事など。個人が特定できない範囲でOK。大事なのはお悩みのワードが入ること。それが自然と検索ワードになります)がきて、

・施術後、どんなことを言って帰られたか(気持ちよかったー、とか、ラクになったー、とか、また来ます、とか言っていますよね。それを載せればそのままお客様の声と同じ効果です)を書いて

・サロンや使っているアロマオイルなどの画像

と一緒にアップするだけで、サロンにいつも人感があることが伝わってきます。

なんだかんだいって自分が出るのが好き

はい、では、自分を出していきましょう。その時も意識だけは、たった一人のお客様が目の前にいて、その人に話しかけるつもりでアップするといいですね。

すぐに反応があるから

ブログで反応がなくても気にしないで大丈夫。FBは反応があっても挨拶みたいなもの。反応してくれた方が、お客様になっていますか?

ブログは、ブログをきっかけにメルマガやLINE@に登録してもらえれば、お客様につながっていきます。メルマガやLINE@に登録を反応だと思うといいですね。

お客様の悩み、とか考えないで書いていいから

FBも友達向けだけなら、お客様の悩みを全く考えないでいいですが、ビジネスの一環としてやっているなら、基本はあなたが何をしている人なのかが(どんな人の役に立つのか?)が、伝わる投稿の割合の方が多いといいですね。

ガッツリお客様の悩みについて書かなくても、あなたの未来のお客様候補にとって、あなたがどんな人か(信頼できそうか、自分と合いそうか)が伝わったり、どんな仕事をしているのか?お客様にはどう思われているのか?というのが伝わってくる投稿(=結果的に、お客様に喜ばれる)だと、それがビジネスにつながります。

具体的には失敗談や、どこかに出かけた時に、なぜそこに行ったのか?何がよかったのか?など個人の価値観が伝わってくることが添えてあるといいですね。

まとめ

いかがですか?ブログへのハードルが少し下がったでしょうか?FBが得意なら、あなたには発信力があるということです。最初から完璧を目指さず、その得意なところをブログに活かすところから始めてみましょう。

(なお、読まれるブログにするために何を書けばいいの?というのはこちらで書いていますので、合わせてご覧ください)

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト詳しくはこちら