女性起業家のための
週4ワークスタイル
人生の質を高める働きかた
集まる集客の方法

アメブロとワードプレス、どちらをやればいいの?

アメブロが商業利用OKになりましたね。「熊谷さんは、なぜアメブロやっていないんですか?」と聞かれることがありますが、やっていたんですよ、最初は。

以前は商用利用はNGでしたから、アメブロを始めて半年くらいのうちにワードプレスも立ち上げていたと思います。出来るだけ早くワードプレスに完全移行としたいと思いつつ、 やはり最初はアメブロの方がアクセス数が高いので、3年半くらいはブログはアメブロがメインで、ワードプレスはHP扱い。アメブロで、メニューや無料オファー(メルマガや冊子)を選んでクリックすると、全てワードプレスに飛ぶようにしていました。

ワードプレスとアメブロの違い

アメブロが商用利用になったことで、あえてワードプレスを使う必要がなくなった人もいるかもしれませんね。

アメブロの特徴

アメブロは言わずと知れた無料のSNSサービスです(広告を外す場合は有料)。誰でも気軽にスタートできます。周知されやすいのも特徴ですね。とにかくまずは発信を始めてみようという方には合っているかなと思います。

アメブロはアメブロのアカウントを持つもの同士で、読者登録をしたり、いいねやペタなど、そのブログにアクセスした印のようなものを残せますので、駆け出しの時に自分から認知を広めることもできます。

ですが、ここで気にして欲しいのが、

1)自分のお客様がアメブロユーザーにいるか?

2)自分のお客様になる人が、アメブロからサービスを選ぶか?

ということです。

1)自分のお客様がアメブロユーザーにいるか?

たとえば、必死に読者登録をしても、その人が自分のお客様になる可能性がないなら、ほとんど意味がありませんよね?

同業者に読者登録をする方もいるようですが、同業者がお客様になることはないわけです。

ビジネスで発信をすることの目的は、見込み客にとって役立つ発信することですから、同業に自分のブログを知らせることは、そもそもの目的にもあっていないですよね。

2)自分のお客様になる人が、アメブロからサービスを選ぶか?

あなたのお客様がサービスを選ぶ時、それがアメブロでも何も気にしないで申し込むか?アメブロでは信用されづらいか?ということは、大きな基準になります。

極端な話ですが、税理士さん、行政書士さん、弁護士さんがアメブロで法人の集客をしようとしても、おそらくできませんよね?エグゼクティブや経営者(特に男性)のビジネスコーチングをしている方も、そうかもしれません。

カタイ職業の人はアメブロはダメ、ということではありません。社労士さんでも会社のHPを立ち上げて企業の集客はそちらで行いつつ、アメブロでは自分の日頃の行動や自分の価値観などを発信して、お客様から親近感を持たれている方もいますから。

使う目的次第ということですね。

ワードプレスの特徴

アメブロとの大きな違いは、まず自分のドメインが取れることです。(http//XXXXXXXX.comなどのURLですね)

自分のサイトですから、自分で自由にできます。ワードプレスなら、便利なブラグイン(スマホで言えばアプリのようなものです)もたくさんありますので、自分が入れたい機能を追加していくこともできます。

アメブロに比べて育てるのに(認知されるのに)、どうしても時間がかかりますが、長文でも読みづらくならないので、コンテンツも本格的なものを入れていくことができます。やはりきちんとしている印象はありますよね。

スマホで見た場合も、コンテンツや画像も見やすくなっています。

ワードプレスにするかアメブロにするかは、やはり自分のお客様がどこにいるか?何を見るか?何を信用するか?で選ぶといいと思います。

ブログ記事の書き方・ワードプレス/アメブロ

どんな記事を書けばいいかは、アメブロもワードプレスも変わりません。見込み客が知りたい情報、見込み客に喜ばれることです。

具体的に言えば、悩みや課題の解決、願望の実現になることですので、お客様の悩み・課題をもとに記事を書きます。

それらに対して、あなたが言ってあげられること、かけてあげられる言葉を発信していきましょう。

お客様がその悩みを解決するために、「どんな言葉で検索をしているのか?」その検索している言葉に引っかかるように、その言葉をタイトルや本文の見出しなどに入れて書いていくと読まれやすくなりますよ。

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト詳しくはこちら