女性起業家のための
週4ワークスタイル
人生の質を高める働きかた
ブログ・メルマガ・告知文の書き方

ブログの書き方・知っていることをどこまで書くべき?

ブログ集客やウェブ集客に欠かせないのが自分メディアでの発信です。

ですが、「『ブログやメルマガで役立つことを書きましょう』と言われていつも迷ってしまうのがか『どこまで書くか』ということなんです。知っていることを全部書いてしまったら、お金を払って私に習いに来ないですよね?お客様は来なくなってしまわないんですか?」と質問されることもよくあるんです。

あなたはいかがですか?

ブログの目的は何?

ブログやネットで集客したいとき、検索ワードを意識して記事を書きますよね。お客様は何かを調べていて、あなたの記事にたどり着きますから、そこでの答えが、すごーく薄かったり、これならもう何度もいろんなところで見た、という印象しか与えなかったらどうでしょう?

あなたのサービスどころかあなたのメルマガすら登録してもらうことは難しそうです。

ブログは自分を認知してもらい、見込み客リストを獲得するためのものですから、第一印象がネガティブなものになってしまっては、その目的を果たせなくなってしまうと思いませんか?

ブログに書く知識・ノウハウは出し惜しみしない姿勢で

今はネットで調べれば大抵のことはわかります。情報がありすぎて、何が正しいのか判断に迷ってしまうほど。

そんな中で同業者のサイトには当たり前のように書かれている内容が、あなたのところでは書いていなければ、最初の段階で見つけてもらうことすらできませんし、見つけてもらえても、「この人はあまり知らないのかな」とか「この人、買わないと教えてくれないのかな」と思われておしまいです。

ですから、まずお客様の悩みや課題(検索して調べていそうな悩みや課題)については、まず出し惜しみしないつもりで書きましょう。そうすることで「この人、すごくわかってる。この人はちゃんとしていそう」という印象になります。

ブログ集客・同じノウハウでも、あなたらしさを出すなら?

同じ知識やノウハウのことを書いているだけでは、あなたの価値は伝わりません。そうした内容を書く際にも、あなたのお客様にはどう伝えればいいかを工夫する、あなたの経験を踏まえる、あなたならではの視点を取り入れる、などして、同じことでも、あなたから聞きたい、と思ってもらえるようにしていきましょう。

ブログ集客・売れている人と売れていない人の違い

一見華やかでうまくいっていそうでも、出し惜しみして内容が薄い記事しか書かれていない方は、集客に困っている方が多いのが現状です。アクセス数が多くても、メルマガ登録者やLINE@などの見込み客リストが増えないのです。

これは実際に確かめてみるといいですが、駆け出しの方の方が1つの記事の内容が浅くて、ベテランさんの方が、そんなことまで丁寧に書いてくれるんだ、ということを書いていたりします。

無料と有料の違いとは?

ブログやメルマガで出し惜しみしないで書く、といっても、どこまで書けばいいのか?がやはり気になるかもしれませんね。

わかりやすい基準があるわけではないのですが、目安として「あなたが経験の中で生み出したオリジナル方法」や「成果が生まれる大きなカギになること」などは詳しく書くのを控え、詳しいことは〇〇でお伝えしています。とあなたのサービスに関心を持っていただくための誘導にすると効果的ですね。

有料と無料の大きな違いの1つは、記載する内容そのものより、お客様に起きる変化の違いだと思いませんか?

お客様本人が記事を読んでできることには限りがあります。ご本人の状態やその解釈、行動や環境で結果は大きく変わります。また現実は読んでも動かない方がほとんどです。

ですが、実際にあなたにお願いした場合はどうでしょう?その方の悩みを伺い、パーソナライズされたアドバイスをしていくのですから(それがたとえグループ講座であってもあなたが直接関わることに大きな価値があります)、もとになっている知識やノウハウはブログに載せているものと同じでも、お客様にもたらす変化は全く違うと思いませんか?

ブログ集客・知識やノウハウだけを書こうとしない

前半でも書きましたが、ブログやメルマガでの発信は知識やノウハウだけを説明しようとせず、あなただからこそ言えることを加えていくことが欠かせません。

学校や塾の先生も、同じことを教えているはずなのに先生によって、その授業が好きになったりキライになったりすることありませんでしたか?

お客様にとっては「誰が伝えるか」がとても大切なのです。どう自分らしさを加えつつ、お客様にわかりやすく伝えていけるか?を意識していきましょう。

また、知識やノウハウの説明だけでは、読んでいて息が詰まる印象になってしまうので、テキストやマニュアルのようになってしまっていないかも、気にかけましょう。

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト詳しくはこちら