女性起業家のための
週4ワークスタイル
人生の質を高める働きかた
集まる集客の方法

失敗しないペルソナ・ターゲットの設定方法

「ペルソナが決められない。ターゲットを絞るのが怖い」というかた多いですよね。それは、もしかしたら、「絞る」の本当の意味を取り違えているだけかも知れません。

絞る=無理に年齢などを制限する、ということではないのです。

インターネット集客、ブログ集客もグンとラクになるペルソナの設定、では、どうしたら無理な制限することなく設定できるでしょう?

ペルソナとは?

ペルソナというのは、あなたのサービスを利用するお客様の中で、中心となる重要なお客様の人物像です。「性別、年齢、家族構成、居住地、仕事の内容、年収、趣味、ライフスタイルなど」ドラマの主人公を描くように詳細に設定します。

たとえば、

女性向けのダイエットサービスを提供している栄養士さんの場合のペルソナなら、、、

「43歳女性、夫と中学1年の女の子と都内のマンションで3人暮らし。保険会社で事務を担当し月給は28万円。仕事の帰りは毎日19時過ぎになるので、デパ地下のお惣菜や外食も多い。運動も苦手で年々体重が増える一方。

11号の制服がきつくなってきたけど、13号に変えるのは恥ずかしいので焦っている。炭水化物は控えているもののちょっと食べるとすぐ増えてしまうので、TVのダイエット特集を観ては真似してみるものの、いつも長続きしない。「なんで痩せないのかなあ・・」が口ぐせ」

という感じです。

ペルソナを設定する効果

条件を絞るようなことをしたら、お客様が減ってしまいそう、と不安に思うかもしれませんが、それは逆なのです。

たとえば、ダイエットのサービスで

a)うちはどんな人でもどんな方法でもOKです
b)40代前半の運動が苦手な女性向けです
c)体を動かすのが好きな男性向けです

とあった場合、40前後の女性はb)、ジムに行くような男性はc)を選びますよね。a)はどんな人でもOKと言っているのに、男性からも女性からも選ばれないのです。

病院も足が折れていれば整形外科、肌が荒れていれば皮膚科に行きますよね?ボク、なんでも診れますよというところにはいかないかなと思います。

誰でもOKは誰からも選ばれにくいのです。

ペルソナの決め方

人物像がすんなり浮かべばいいのですが、行き詰まってしまうときがあります。

「私のサービスは、年齢や性別、職業は関係なく誰でも合う。それを決めてしまったら、お客様が減ってしまいそう」と思ってしまうとき。

そうなってしまうのは、それはペルソナを描くにあたり、実は肝心なことが抜けているからなのです。

お客様の悩みは何?

例で書いたペルソナには、悩みが書かれていましたよね。ペルソナを考える際には悩みが大事。人物像を描く前に、あなたのお客様の悩みを箇条書きであげてみましょう(お金を使ってでも解決したい悩みです。友達に愚痴ったり、旅行や飲み会で解消される悩みではありませんよ)。

そして、それらの悩みをお客様の悩みとして多い順に並べてください。

自分にとって都合のいいお客様の悩みを勝手に作り出さない

このとき気をつけたいのは、「自分にとって都合のいいお客様の悩みを勝手に作り出さない」いうこと。無意識に自分の商品ありきで、都合のいい悩みを作り出してしまうことがあります。そうすると実在するお客様像にならないので要注意です。

お客様はいつ悩む?

書き出したお客様の悩みの上位3つについて、いつどんなときに悩むのかを思い浮かべてみましょう。

たとえば、仕事に追われているときや、洗濯しているときに「痩せなくちゃ」とは思わないですよね。ショッピングで試着したときや鏡に映った自分を見て、「あちゃー」と思うわけです(涙)。

そんなふうにお客様が「あたた」と痛みを感じる時を思い浮かべてください。

いかがですか?

悩みのシーンを浮かべると、自然と人が浮かんでいますよね?その人が、あなたにとってメインとなるお客様です。

その人に名前をつけて、履歴書を書くようなつもりで、性別、年齢、家族構成、居住地、仕事の内容、年収、趣味、休みの過ごし方、今の悩み、口ぐせなど、描いていきましょう。

インターネット集客がラクになる理由

なんとなく大勢の方に刺さるメッセージを書くのは至難の技です。

ですが、こうして描いたたった一人に向けて書くならイメージしやすいですよね。悩みに笹なるメッセージなら、年代やライフスタイルは異なっても、同じ悩みを持つ方には響くのです。

私の場合、女性向けの印象があると思いますが、いつも1割程度男性のお客様もいらっしゃるんです。

職業も、講師、サロンオーナー、経営者、コーチ、セラピストさんなど様々ですし、月収もまだ10万円にも満たない方から、100万近い方までいろいろです。

ですが、お悩みや願望として

  • 忙しすぎるから働く時間を減らして売り上げを上げたい
  • インターネットで集客できるようになりたい
  • ライティングがうまくなってスムーズに集客したい
  • メルマガからお申し込みが欲しい
  • 高額でも売れる商品を作りたい
  • 仕事だけではなく、プライベートも大事にしたい

といったことをもとにしているので、そこに共感する方が、いらっしゃるのです。

ペルソナ設定に行き詰まった時は、ぜひ、悩みをもとに設定してみてください。

 

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト詳しくはこちら