女性起業家のための
週4ワークスタイル
人生の質を高める働きかた
ブログ・メルマガ・告知文の書き方

ブログ、メルマガの書き方

ブログが書けない、メルマガが書けない、ブログ集客したいのに、何をどう書いていいかわからない・・・という方に意外と多いのが、「話すのは得意なんです。いくらでも話せるのに、ブログやメルマガを描こうとするとダメで・・・」という悩み。

さて、なぜ話せるのに書けないのでしょう?

 

ブログの書き方

話すことと書くことの違い

「話すのはいくらでも話せるけど、書けない」というとき、もしかしたら、言葉以外の情報があるから、相手に伝わっているのかもしれません。

相手が目の前にいて話しているときは、言葉以外にこんな情報があります。

  • あなたの表情や態度、声のトーン、抑揚
  • お互いがすでに知り合いなら、言わなくても通じる背景、情報、知識がある
  • 実際に物があれば、名称を言わずに、あれ、これ、それだけで通じることもある

また、相手の表情や様子で、あなたは言い方を変えたりすることもできますよね。

話の順序が前後しても、なんとか通じるのはこうした状況があるからです。

 

足りない言葉を補って文章に

たとえば、趣味を聞かれて「ショッピング」と答えたとします。あなたは何を思い浮かべますか?洋服?食べ物?店に行って買うのか?ネットショッピングなのか?

お互いの背景を知っていれば言わなくてもわかるかもしれませんがこれが会ったことがない方ならわかりませんよね。

また「アロマトリートメント」とだけ答えたとしたら、知り合い同士ならマッサージを受けに行くのが好きなのかな?と通じるかもしれませんが、何も知らなければ、「アロマトリートメント」を受ける側なのか?施術をする側なのかは本当のところはわかりません。

お互いが知らない関係なら「アロマトリートメントを受けに行きます」「アロマトリートメントで自分をケアすることです」「アロマトリートメントの施術をします」など、必要な情報を補って文章にしないとわからないのです。

書くときは、必要な言葉を補うまずこれを意識するといいですね。

 

読みやすいブログ・メルマガ

会話では不足している言葉を足して文章にしようとすると、急にカタくなってしまうことがあります。そうならないよう、ブログやメルマガを書くときは、目の前にその人がいて話しかけているイメージで、話し言葉のまま書くのがいいですね。

ブログ・メルマガの書き方・わかりやすい文章とは?

文章を切る

話しているとき、文章が途中で切れることなく、ずっと続いていることありませんか?そういうとき、聞いている方は、いったい何が言いたいのかわからなくなってしまいます。これは文章でも同じです。1つの文は短く切ってわかりやすくしましょう。

順番を意識する

話すときも書くときも、伝わるようにするには「順番」が大切。話が脈絡なくあちこち飛んでしまっていたら、とてもわかりづらいですよね?

相手が目の前にいて話しているときなら、あれ?伝わっていないと思って補えますが、ブログやメルマガでの文章ではそれはできないですよね。

話しているときも、順番(たとえば時制)が前後していないか?話があちこちに飛んでいないか意識できるようになると、自然とわかりやすい文章が書きやすくなります。

ブログ・メルマガに何を書けばいいの?

お客様の悩み・願望をベースにする

お仕事の発信はお客様(見込み客)に読んでもらうことが目的です。ですので、お客様が悩んでいることを解決したり、心で願っていることを叶えるために、役に立つ、喜ばれることを書くのが基本になります。

たとえば、ごくカンタンな例をあげると、肩こりのお悩みについて書くなら、

「肩こり、首こりがつらいとパソコンを使うのもキツイですよね。あなたはどんな肩こり対策をしていますか?

実はパソコンのように目を使わなくも肩こりがきつくなることもあります。それが血行です。

肩こりというのは、、、、、な状態なんです。

私はいつもお風呂に入るとき、、、、、しているんです。これいいですよ、試してみてくださいね」

というイメージです(ごくあっさり書いていますので、実際はもっと長いです)。

検索ワードを意識する

メルマガはこちらから送りますが、ブログは見つけてもらうことが大事ですよね。
そのために、お客様が自分の悩みを解決するために、普段どんな言葉で検索しているかを意識し、その言葉を入れていくことが大切。タイトル、小見出しなどに入れていきましょう。

 

無料ハンドブック
自由に働きながら
ビジネスを飛躍させたい

女性起業家のための
あなたの価値の伝え方・心のあり方
100リスト詳しくはこちら